バルトロやマウンテンダウンは【洗濯NG】やるなら専用洗剤を使うべし

バルトロやマウンテンダウンは【洗濯NG】やるなら専用洗剤を使うべし

どうも、ナオキです。

今回は、バルトロやMTダウンジャケットの

洗濯やケア

について深掘りしていきます。

  • 自宅洗濯はなぜダメなのか
  • クリーニングで注意すべき事
  • ケアや保管方法

の3部構成で進めています。

↓スポンサーリンク↓



内容には十分注意を払っていますが、素人が見聞きしたこと、公式の推奨を簡潔にまとめているだけです。

なので、あくまでも素人の見解として読み進めてください。

動画でも解説しています↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【洗濯不可⁉︎】ノースフェイスは家で洗濯できなかったらどこでするんだよ!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自宅での洗濯はなぜダメ?

自宅での洗濯はなぜダメ?
服の性能が劣化するリスクがある

まず、上記(バルトロのタグ)をご覧ください。

手元にノースフェイスのMTダウン等でも構いません。

記号については後述します。

ますタグに書いてある通り、大前提として

公式が家庭用洗濯機の使用を推奨していません!

つまり、手洗いでの洗濯になります。

ダウンを手洗いで洗濯する知識、経験などあればこのサイトにたどり着く確率は低いと考えているので個人的に手洗いもおすすめしません。

ちなみに、Yahoo!知恵袋でも同じような質問者がいらっしゃいました。

以下引用です。

2018/11/3 の質問

Q:ノースフェイスのバルトロライトジャケットは、洗濯機や乾燥機に入れても大丈夫ですか?
詳しい方どのように、綺麗にされていますか?やっぱり、クリーニングが一番ですかね??

A:家でなんて洗えたもんじゃない。ものすごい膨れるから。半端ない。洗濯機なんか回らない。必ずクリーニングに出しましょ。バルトロをパーにして捨てることになりますよ。まさかですがクリーニング代金もったいないとか考えるならバルトロとかを持たないことです。高額ダウンだけは必ずクリーニング出しです。

引用元:Yahoo!知恵袋

このように、下手に自宅でをしてしまうと

高性能なダウンの保温性やゴアテックスの機能等の劣化につながる恐れがあります。

どうしても、自宅にて洗濯をしたい!

という方はダウン専用洗剤を使ったり、中性洗剤を使用することです。

しかし、

ワンポイントだけ汚れてしまったからそこだけ綺麗にしたいなんてこともあります。

事例を紹介しましょう。

以下知恵袋より引用です。

2019/3/19 の質問

Q:ダウンジャケットにサーフワックスがついてしまいました。ノースフェイスのバルトロライトです。綺麗に落とす方法を知っている方いませんか??助けてください。宜しくお願いします。ワックスは熱に弱いから熱いお湯

に浸ければ取れるのか、知識をください。

A:私なら、ニクワックスのダウンウォッシュ使って、ぬるま湯で手洗い洗濯します。油分が付いた部分は洗剤の原液を付けて、少し馴染ませてから洗います。
洗濯機の弱水流でも良さそうですが、ダウンは浮いてくるので手洗いします。
よくすすいでから脱水ですが、表地がウインドストッパーだったと思うので、裏返して弱めに脱水するかな。その後に平干しで乾かしてからから、乾燥機ヒーター弱で20分程度回します。
安いタイプのダウン製品なら普通の洗剤で洗っていますが、そこそこ高いのでダウン専用洗剤を使うだろうと思います。

ダウン製品の洗濯が怖いならクリーニング屋さんに持って行って下さい。
私はクリーニング店より自分の洗濯の方が信用できます。

引用元:Yahoo!知恵袋

結局、上記の質問者さんは熱めのお湯とゲキ落ちくんで落とすことに成功したようです。

ちょっと特殊な事例ですが参考にしてみてください。

クリーニングで注意すべき事

クリーニングで注意すべき事
ドライは×ウェットクリーニングで

洗濯記号参照元 : 新JISの洗濯表示記号

上記の写真はマウンテンダウンジャケットのタグです。

洗濯記号に説明を付け加えてみました。

ちなみに、バルトロは

非常に弱いウェットクリーニングです。

個人的に、クリーニングといえばドライでしてもらうイメージなのですが、バルトロやマウンテンダウンジャケットはそれが出来ません。

なので、

誤って「ドライクリーニングでお願いします」と言わないようにしましよう。

↓スポンサーリンク↓



料金が高額になる恐れ

具体的にはクリーニング店によって変動しますが、調べた感じだと大体4~5000円近くかかります。

場所によっては高級ダウンのカテゴリーに入れられて6,000円近くすることもあるそうです。

また、ワンポイントでの汚れは別料金で”シミ抜き”などのオプションがかかる可能性も頭に入れておくといいです。

ちなみに、化粧品や食べカス、ワックスによる汚れ等はシミ抜きで落ちるそうです。

しかし、油汚れはにじんだりして厄介みたいですよ。

ケアや保管方法

ケアや保管方法
軽い汚れは拭取り湿気のない所で保管

簡単な汚れはゴアテックスが守ってくれますが、

付着してしまったらこまめに拭き取りましょう。

夏が近くなり、長期に渡って保管する場合には

一度クリーニングすことをおすすめします。

その後、風通しの良いところで保管し、

定期的にクローゼットから取り出して日陰干ししてあげることです。

首元や手首が一番汚れるので、翌年久しぶりに見てみたら

黄ばんでカビだらけなんてこともよくあります。

長く着るためにも、

カビの餌である人の垢や皮脂・汚れを取り除き、風に当てる等のこまめなケアが年中欠かせませんよ!

バルトロやマウンテンダウンの洗濯|まとめ

では、箇条書きにてまとめていきます。

  • 自宅洗濯は性能が劣化するリスクあり
  • 公式はクリーニングを勧めている
  • ウェットクリーニングしかダメ
  • こまめに拭取り、日陰干しをする

高価なアウターなので末長く大切に着たいと思うはずです。

少し、お金や手間がかかりますが世話をする感じで扱ってみるといいかもしれません。

動画でも簡単に説明しているので合わせてどうぞ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【洗濯不可⁉︎】ノースフェイスは家で洗濯できなかったらどこでするんだよ!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それではまた!

バイバイ!